金利の情報をチェックして効率よい資産運用をしましょう。

2010年08月15日

金利

金利と言う言葉を
よく耳にするようになりました。


金利と聞けば、
金融機関から融資を受けた場合に、
返済時に元金とあわせて支払うもの
というイメージが強いのですが、
金融機関に現金を預けた場合にも
お金を引き出す場合についてくる利子
金利と言われています。


金利は、
預けた日数で利子(金利)が変わるのと同様に、
融資を受けた場合に、
返済までの日数や時間などで金利が異なります。



金利は純粋な儲けとも言えますので、
特にお金の融資を行う場合は、
必要とされるものであるといえると同時に、
もし金利がなければ
融資を行う金融機関はないといえるでしょう。



また、融資を行う場合の金利は、
法律により、上限は29.2%
と決められています。


ただ、融資を受ける金額によって、
金利は異なり、
融資を受ける金額が高くなればなるほど
金利は高くなっていきます。


融資などを受ける場合は、
金融機関によって金利の価格が異なります。


それは、担保や保証人などを必要しない場合は、
金利は高く設定されていますが、
担保や保証人を必要とする場合、
金利は低めで設定されています。


同様に、融資を行う業者でも、
行う審査が厳しい場合は金利が低めで設定されていますが、
審査が甘いと金利が高めで設定されている場合がほとんどです。



金利をチェックすることで
金融機関の特徴を知ることができるといえるでしょう。



posted by 金利ナビゲーター at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 金利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。